単身引越しサービスを格安で使うノウハウ集

 

単身引越しサービスを安くするために行っている事

 

引っ越し業者はとりあえずいろんなとこに見積もりを出してもらう。

 

見積もりを何社か出しているうちに業者どうしが値段交渉で契約してもらいたいので少しでも安くしてくれることが多い。

 

標準のプランにある内容にサービスをつけてもらえるように交渉する。

 

たとえばダンボールの枚数や電化製品の取り外し取り付けなどの料金を込みでやってもらうなど。

 

引っ越しの荷造りなどは、あまり前もってやりすぎないほうがスムーズにいくと思う。

 

箱につめてから必要なものがでて探すのは案外大変なので。

 

早めに箱詰めするときはダンボールの蓋は閉めずにあけたまま置いておくといい。

 

食器の箱詰めは縦に重ねて入れるよりも横に入れたほうが割れにくいのでいい。

 

いつも見積もりは最低でも三社は取っています。

 

料金が安くなるのもそうですが、見積りに来られる営業マンで会社の様子もわかる気がします。

 

また、我が家では食器の梱包はいつも引っ越し業者にやってもらっています。

 

専門家にやってもらうと、安全に包めますし、整理整頓されていて、開封がとても楽です。

 

これは前日にやってもらうのがコツです。

 

そのほか、エアコンの設置や洗濯機の設置がスムーズに手配されるかを重要視しています。

 

専門の電器店との連携をうまくやってもらえると忙しい引っ越しの片付けも気分よくできます。

 

また、エアコンのクリーニングも引っ越しのタイミングで一緒にやると便利なので、パックになっているプランは便利だと思います。

人力引越社・サカイの単身引越しサービスを利用しました

 

初めての単身引越しは人力引越社でしたが、今回は友人の紹介などから、サカイに依頼をしました。

 

見積もりに来た営業の方から搬出搬入の作業員の方まで、とても礼儀正しく良い業者さんにお願いできて幸運でした。

 

荷造りまでお願いしたのですが、電化製品のコードを個々にまとめ、接続機器の名前を書いてまとめてくれました。

 

以前にお願いした業者さんはひとまとめにして梱包をしてしまっていたため、引っ越し先でどの機器のコードかわからず困った経験があったので大変助かりました。

 

また、テレビのローボードを置く際に、ローボードを置いてからだとレコーダーなどの設置が大変ということで接続もしてくれました。

 

加えて、搬出搬入の作業員の方たちも引っ越し先で搬入が終わった後、洋服をわざわざクローゼットにかけてくれ、サカイにして本当に良かったと感じました。

 

 

引越しのときは、とにかくダンボールが多くてどこに何を持っていくか、中に何が入っているのか入れた本人さえもわからなくなってしまうことが多いです。

 

私が利用したのは、5色になっているシール(100均ショップなどに売ってます)。

 

このシールで色分けして、どの部屋に運んでほしいか決めておきました。

 

また、中身はなるべくグループわけしてダンボールに入れるように心がけました。

 

 

以前使った、人力引越社ですが、こちらはサカイに比べマイナー気味な業者ですが、社員教育をしっかりしているせいかとても優秀な作業員さんが来ました。

 

金額が安いので平気かなと心配になるかと思いますが、そんなこと無いです。

 

サカイも良かったですが、もし次回引越しするときはまた人力引越社に声をかけたいと思っています。